コラム

ダイレクトボンディングの適応症は?

白く美しいダイレクトボンディング

院長の遠藤義樹です.ダイレクトボンディング(コンポジットレジン充填)の適応症についてお話ししたいと思います.

1.ダイレクトボンディングとは

元々虫歯治療に含まれる処置で,虫歯(う蝕)部分のみを選択的に,機械的に除去(虫歯に侵された歯質を部分的に削り取ること)したあと,除去された歯の空間を埋めるために詰め物をすることをいいます.

この詰め物の材料はコンポジットレジンと呼ばれる樹脂であり,特別な波長の光を照射して固めていくものが,現在ではほとんどを占めます.多数の色調が用意されており,それぞれの色調を何種類か築盛して(マルチレイヤリングテクニック),元々の歯の色調に合わせていくことで,何もなかったのような(虫歯がなかった)天然の歯の形と色に戻すことができます.

2.ダイレクトボンディングにおけるマルチレイヤリングテクニック(多層築盛法)                                                       

ダイレクトボンディングに用いる材料であるコンポジットレジンは,現在でも材質的に進化しており,その色調や硬さ(固さ),歯へのなじみ(流れ),磨き易さなど,製品によってさまざまな種類があります.基本的にセラミックスの細かい粒子が含まれており,この粒子の形や大きさ,含まれる程度によってその性質が決まります

コンポジットレジンで埋めるべき空間の位置や範囲,その大きさに基づいた上で,かつ元の歯の色調を回復すべく,それぞれの製品の性質と色調を生かして築盛していくため,術者側(歯科医師)の細かいテクニックが要求されます

現在は一種類だけで色調を改善できると謳う製品も開発されてきましたが,材料学的特性を考慮すると,全ての症例に一種類の材料だけで適応できるわけではないと考えています.

3.ダイレクトボンデングの利点と欠点

利点はなんといっても,歯を削る量を少なくして,元の歯の形と色を再現できることです.

インレー修復と呼ばれる虫歯を取り除いた後に金属もしくはセラミックスで詰め物をする場合,型取りをして,間接的に詰め物を作ってからお口の中に詰めていきます.型取り(IOSと呼ばれるスキャナーを用いた写真撮影,すなわち光学印象の場合も同様です)に適した形と量の歯の切削が必要なため,虫歯以上の大きさ,すなわち健康な歯の部分まで削り取らなくてはならないのです.

そこで当院では,虫歯治療の際の修復処置(虫歯を取り除いたあとの詰め物)は,ダイレクトボンディングを第一選択として患者さんに提案いたします.必要以上に健康な歯を削りたくないためです.

一方の欠点は,金属やセラミックスと比較してコンポジットレジンには吸水性があり,お口の中という過酷な環境の中では経年的(時間が経つにつれて)に表面荒れ(粗造感)や着色,部分的な破損のリスクが存在することです.しかし,表面の再研磨や修理(コンポレジンの付け加え)が容易であることから,一からやり直す必要はありません.

4.ダイレクトボンディングの適応症

現在の接着(歯とコンポジットレジンを化学的に結合させること)操作を正確に行えば,どのような症例でもダイレクトボンディングは可能です.

しかし一方で,さきほど述べたコンポジットレジンの材質特性を考えると,大きい範囲の修復(コンポジットレジン充填)は,破損や表面性状の劣化のリスクが上がるため,すべてを適応症とするには無理があります.

適応基準の詳細を述べることは避けますが,初めて虫歯治療を行う歯であるとか,一般的な金属の詰め物(インレー)が装着されている歯,前歯の大きくない虫歯などはダイレクトボンディングの適応と考えてよいと思います.

当院では,金属を白くしたいとおっしゃる患者さんが多く来院されます.金属インレー修復のようにすでに歯が大きく部分的に削られている歯などは,ダイレクトボンディングを第一選択としてご提案しています.

そのほか,さまざまな材料の特性を活かした治療法をご提案いたしますので,金属を使用しない治療をご希望の方は,ぜひ一度当院へご相談ください.